沿革

いづみ印刷のあゆみ

1951年(昭和26年)4月
臼杵市新町に膽写印刷の有限会社「小野プリント社」を創業、小野泉(故会長)が代表取締役社長に就任
1953年(昭和28年)3月
島岡式シンプルオフセット印刷機を導入し、オフセット印刷に転換
1955年(昭和30年)12月
社名を有限会社いづみ印刷社に改称、小森式ベビーオフセット印刷機(8裁)を増設
1959年(昭和34年)12月
アキヤマ式半裁オフセット印刷機を増設し、本格的オフセット印刷を目指す
1963年(昭和38年)5月
モリサワ写真植字機1号機(MC-5型)を導入
1966年(昭和41年)6月
大分市下郡に大分支店を開設、活版工場として操業開始
1971年(昭和46年)6月
本社工場を臼杵市洲崎に移転、製版設備を充実
1981年(昭和56年)7月
大分工場を増設、フォーム印刷機を導入し電算機用連続伝票の印刷を開始
1990年(平成2年) 10月
本社工場に三菱製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入
1991年(平成3年)3月
別府市に別府営業所を開設
1992年(平成4年)5月
大分市下郡丁畑に大分支店を新築移転、三菱製菊全判4色印刷機を導入
1994年(平成6年)7月
株式会社に組織変更、「いづみ印刷株式会社」とする
1995年(平成7年)1月
大分県「中小企業中核企業育成事業」に選定される
1996年(平成8年)5月
社長交代により、小野泉が代表取締役会長、小野健介が代表取締役社長になる
1999年(平成11年)3月
アメリカ大豆協会認定「ソイシール」大豆インキを九州初、チラシで運用
2000年(平成12年)11月
大分県初の環境水処理装置「BS -1システム」導入
2001年(平成13年)2月
有限会社アイダックを設立
2001年(平成13年)4月
津久見市に津久見営業所を開設
2004年(平成16年)7月
情報管理システムRHIZOMEを導入
2005年(平成17年)10月
情報誌シティーウォーカー「てくてく」創刊
2005年(平成17年)12月
竹田市に竹田営業所を開設
2006年(平成18年)10月
臼杵本社工場において「大分県初」 環境保護印刷認証マーク「クリオネマークゴールドクラス」を取得
2007年(平成19年)2月
大分市高江に新大分工場完成
2008年(平成20年)3月
プライバシーマーク取得
2008年(平成20年)3月
大分工場に小森製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入
2008年(平成20年)5月
ポータルサイト「タウコン」開設
2009年(平成21年)8月
創業者 会長 小野泉死去
2010年(平成22年)9月
ユニバーサルデザインでのチラシの取り組みは「西日本で初」
2011年(平成23年)4月
創業60周年記念式典を迎えた
2014年(平成26年)11月
oita ebooksオープン
2015年(平成27年)1月
リョービLED-UV A全版4色機導入
2015年(平成27年)8月
本社を大分市に移転する
2017年(平成29年)5月
完全無処理サーマルCTPプレート「SUPERIA」導入
2018年(平成30年)3月
「フリーペーパーてくてく」を中広「ハッピーメディア」とVS契約 「てくてくぷらす」としてリニューアル発⾏
2020年(令和2年)1月
動物愛護事業部設⽴
2020年(令和2年)5月
おおいた動物愛護センター飼養管理等業務委託事業を受託する
2020年(令和2年)8月
代表取締役社⻑に吉岡宏就任、⼩野健介は代表取締役会⻑になる